病院を受診したときのカントン包茎の検査方法とは

カントン包茎の状態は人それぞれ異なる

カントン包茎は、包皮の先端が狭くなっているため勃起状態になっても鬼頭を露出することはできません。無理やり包皮をむいて露出させようとすると痛みや裂傷が起きてしまう、鬼頭の下側部分がドーナツ状に腫れてしまい包皮はもとに戻らなくなることもあり、最悪の場合は鬼頭が壊死することもあるなど他の包茎と比べると危険な状態ともいいます。

カントン包茎は早期の治療が良いともいわれているのですが、治療には手術と整復の選択肢があり、病院での検査が必要不可欠です。

カントン包茎は、個人差があるので専門の病院で検査を受けることが大切で、病院の中でも泌尿器科を受診して検査を受けることになります。

ただし、検査といっても血液を調べるなどはなく現在のペニスの状態を直視したり、ペニスに実際に触れる触診などで行うのが一般的、このとき皮の余り方や厚みなどを調べて治療方針を定めるわけですが、これらは個人差があるのでカントン包茎の状態の確認は必須です。

病院での検査や診断・治療

カントン包茎の検査や治療は、泌尿器科の診療科を持つ病院や包茎手術を専門に行っているクリニックで受けることができます。診断は問診および身体診察により行いますが、鬼頭およびその周囲の包皮の腫れ状態を見て診断を下すのが一般的です。

鬼頭や周囲の包皮が腫れる原因は、狭い包皮の口で亀頭の根元が締め付けられてしまう、これにより血流が悪くなるためです。無理に包皮をむいたときなど血流の妨げが起きて腫れることがあるあり、血流の妨げを解除する必要があります。

カントン包茎の腫れが経度の場合は手を使って元に戻すといった整復で行うこともできますが、腫れがひどい場合はガーゼを鬼頭に巻いて圧迫、むくみが収まった後に鬼頭を包皮の中に押し込むやり方で治療を行いますが、腫れがひどく用法的な整復が困難なときには手術が必要とされます。

なお、手術は根本的な治療として時期を改めて行われることもありますが、一般的には環状切除術と呼ぶやり方で手術で治療を行います。

まとめ

カントン包茎は無理に皮をむこうとするとドーナツ状に鬼頭下部分が腫れ上がり、最悪の場合は手術が必要になることもあります。検査は現在のペニスの状態を見る、もしくは手で触れて確認するなどの方法で行われ、腫れているときには血流の妨げを解除するための治療を行います。

カントン包茎の治療や検査は泌尿器科の診療科がある病院、包茎手術を専門にしているクリニックなどで受診ができますが、ペニスの状態に応じて緊急手術が行われることもあるようです。